ウォーキングレッスン

歩き方次第で
カラダは良くも悪くもなる

動物にとって「歩く・走る」といった行動は、食べ物や水を探したり、外敵や環境から身を守る手段。そのため、少ないエネルギーでより遠くまで移動できることが必要で、その可否が生死を左右するほど重要な生存行動です。

人も同じ動物。正しい歩き方は、接地時の衝撃吸収は靴ではなく足で行い、地面の凸凹に足首・足底・足趾を柔らかく合わせ前進する力は足ではなく腰から発生させ、重心移動で歩く速さを変えるなど、物ではなくカラダの機能を利用します。

カラダの機能を活かして歩くと、足裏の感覚が磨かれ、荷重配分・骨の圧力・力の流れ、地面の斜度・硬さ・凹凸などを繊細に感じられるように。歩行禅という言葉があるように、ただ歩くことが心地よく、たくさんの学びを得られるようになっていきます。

また、歩き方は第一印象に大きな影響を与えます。高価でおしゃれな服を着ても、歩き方が悪ければ貧相に見え、猫背で歩けば老けて見られます。反対に、ご年配でも真っ直ぐな姿勢で歩く方は魅力的で格好良く見えますよね。

ウォーキングマスターコース

体軸を中心に肩甲骨帯と骨盤を対称に回旋させることで発生させたエネルギーを、骨を使って末端まで伝えて歩くのが、カラダの機能を活かす歩き方。そうすることで、キレイな姿勢で・楽に・遠くまで歩けるようになります。

重心バランスが整い、関節に正しく負荷がかかることで、歩くときの痛みも軽減。重心をずらすだけで歩くは走るに変わり、坂道も階段も楽に昇降できるように。日常生活のストレスが減れば、生活の質は向上していきます。

歩けなくなれば、「人」には介護がありますが「野生動物」には『死』が待っています。生きるために重要な行動だからこそ、カラダの状態を維持する機能が歩行には集約されています。

人も同じ動物。
カラダの性能を正しい歩き方で発揮させ、生涯歩き続けることを目的にウォーキングレッスンを行なっています。

予約する

こんな方におすすめ

  • 歩行姿勢をキレイにしたい方
  • 毎日気持ちよく歩きたい方
  • 歩行時の痛みを和らげたい方
  • 息切れしないで歩きたい方
  • 裸足が好きな方
  • ハイキングや山登りが趣味の方

レッスン風景

正しい歩き方

  1. ウォーキングレッスン

    動物にとって「歩く・走る」といった行動は、食べ物や水を探…

  2. ランニングレッスン

    ランニングはウォーキングの延長。 ウォーキングレッスン…

  3. 階段・坂道レッスン

    階段や坂道の上り下りが辛くなると、行きたい気持ちはあるのに行ける場所がどんどん少なくなっていきます。逆に、階段や坂道が楽に上り下り…