トレーナー紹介

元海上自衛隊 救助員
准看護師とNSCA-CPT(トレーナー資格)を保有

経 歴

ZIRIKI代表 田島 雄一(Yuichi Tajima)

元海上自衛隊 救難部隊 救助員。ヘリコプターに搭乗し、救助活動や離島からの救急患者搬送業務に従事。
3.11 東日本大震災においては、生存者の捜索や救助、物品搬送、ご遺体の搬送などの任務に携わる。

教官(救助員の養成)・潜水作業・隊員の健康管理・格闘・射撃・山地機動など多岐にわたる訓練や任務を経験し、情報収集から任務の遂行まで、自己完結する力を身につける。また、任務に耐えられるカラダをつくるため、あらゆる訓練を受ける。

約16年間海上自衛隊に勤務。退職後、准看護師として病院に勤務し、寝たきりの方々の看護に携わる。
病院退職後、高齢者施設で看護職として勤務し、介護を必要とする高齢者の方々の看護に携わる。

「自力で移動ができず、寝たきりで何年も過ごして亡くなる方を一人でも減らしたい」という思いと、「昨今の環境問題を少しでも改善したい」という思いから、最後まで活動できる力と、ミニマリストでいる力を養うことを目的としたジム「ZIRIKI」を開設。

※ミニマリスト:物や消費をできるだけ減らし、必要最小限の物だけで生活できる人

資 格

◯准看護師
◯NSCA-CPT(国際ストレングス&コンディショニング協会認定パーソナルトレーナー)
◯日本救急医学会ICLSプロバイダー
○NPO法人更年期と加齢のヘルスケア学会認定シニアメノポーズカウンセラー
◯日本トラディショナルタイマッサージ協会A級セラピスト
◯日本PNFテクニック協会認定トレーナー
◯NARD JAPAN アロマアドバイザー

その他
○占星学(アストロリレーション)エキスパートコース修了
○直傳靈氣(前期・後期)修了

魂・精神・肉体など『人』を学ぶことで、お客様のありのままをサポートできるよう心がけています。

開業の経緯と目指すもの

自衛隊勤務時、任務や訓練でカラダを酷使することが多く、カラダの痛みや慢性的な疲労のために病院を受診し、鍼灸・整体・マッサージ・カイロプラティックなど、様々なカラダのメンテナンス方法を試しました。

西洋医学で解決できなかったことが、鍼灸治療によって回復できたことがきっかけでカラダのメンテナンスについて興味を持ち、試行錯誤した結果、カラダの状態を維持するために一番効果が高かった方法は、継続的に・自主的に・トレーニングやメンテナンスを行うことでした。

自主トレーニングは、専門家からカラダのことを学び、定期的にやり方をチェックしてもらい、1つの方法に拘らずに自らのカラダでトライ&エラーを繰り返すことが大切だとわかりましたが、当初は何をどう学べば良いか四苦八苦しました。


ZIRIKIのきっかけ


自衛隊退職後、整体やスポーツトレーナーの学校に通いながら病院で勤務。配属された病棟で寝たきりの方々の現状を知りました。

全ての病院に当てはまることではありませんが、そこには動くことも声を出すこともできず、離れた窓からしか外の景色を見ることができず、ただ終わりを待たされているとしか思えないような扱いをされている方々が入院されていました。

寝たきりと言っても、意識はあります。
患者さんから、出ない声を振り絞って出した掠れ声で「殺して」と言われたことも。

「ただ命が尽きるのを何年も待たせるような生き方を強いるのが医療なのか」
「延命させた結果、苦しい期間を長引かせ、より苦しんで亡くなる人を増やすのが医療なのか」
「治療って何だ?助けるってどういうことだ?生きるって何だ?」

気づけば「どうすれば寝たきりにならないか」「どうすればこのように苦しむ方が減るのか」をずっと考えるようになり、そしてたどり着いた答えが歩き続けられるカラダでいることでした。


歩き続け、活動し続けるために


歩くという行動は、人も含めた全動物が、生きるために行う基本行動です。
自然界で歩けなくなることは、死を意味するほど重要な行動の1つで、そのルールは動物である人にも該当することから、歩き続けるためのカラダづくりを目的としたウォーキング教室 ZIRIKIをはじめました。

病院退職後、高齢者施設で勤務した際、安全を理由に自由に歩かせてもらえず、健康のためと食べたいものを制限され、ほぼ軟禁状態の高齢者の方々の現状も知りました。

「自分の人生なんだから医師や家族の考えに左右されず、やりたいように生きて欲しい」という思いが強く芽生えた結果、「食べたいものを食べ、住みたい場所に住み、行きたい場所に行き、やりたいことを続ける」という、当たり前のようで大切なこと最後まで続けられるカラダづくりを目的としたジムZIRIKIを開業。

波導回旋運動の発見


トレーニング指導を始めてから、子供から大人まで低体力化していること、若い女性が妊娠しにくいカラダになっていること、社会人や更年期世代の方々が様々な体調不良に悩んでいること、ただ歩くことに痛みなどのストレスを抱えている方が多いことを知りました。

上記の方々は、関節の可動範囲が狭い、思い通りに筋肉を動かせない、カラダを動かすイメージが曖昧、足首が固い、足の指の動きが鈍い、体の軸を動かしてバランスをとるなど、『カラダを正しく動かせていない』という共通点があります。

逆に、カラダを使いこなしている存在は何か?

それは、アスリートや武道家、舞踊家など、それぞれの世界で「プロ・一流・達人」と呼ばれる方々と野生動物です。この方々や野生動物のカラダの動かし方を研究していた時、共通したカラダの動かし方をしていることがわかりました。
それが波導回旋運動™です。

歩き方の研究から始まり、全身の動かし方の研究をすることで発見した波導回旋運動™。この運動を『カラダを正しく動かせていない』方々に指導した結果、年齢にかかわらず歩行能力や姿勢が改善し、体調が戻り始め、スポーツなどのパフォーマンスが向上していきました。

歩行の改善

自然の流れを邪魔せず、物理の法則と身体構造に従ってカラダを動かせば、動物として自然界で生き抜くための身体能力自己回復力が再稼動し、健康なカラダで活動し続けられるのかもしれません。


おわりに


波導回旋運動™を学べば、大きな筋肉を動員させることができるため、活動量が増えていきます。
筋肉の伸縮によって血流が全身を巡り、体温は上昇し、姿勢が整うことで胸が拡張されて呼吸が促されます。
自然と健やかな生活ができる心体へと変わっていくでしょう。

どんなに医療や技術が発達しようと人は動物であり、活動しなくなるほど心体の調子は崩れ、生命活動は終わりに向かい始めます。便利な時代だからこそ、備わっているカラダの力(自力)を活かし、生命活動に必要な活動量を取り戻す必要があるのです。

最後まで活動できるカラダをつくり、活動し続けることで、一緒に社会に貢献していけたら幸いです。