基本レッスン

共力整体

固い・痛い・動かない
そんな身体のトラブルを改善

健康維持には『血流』がとても大切。身体は動くことで健康な状態が維持されるようにできており、血流は酸素や栄養、ホルモンなどを身体の隅々まで運ぶ重要な役割を果たしていますが、血流を促すのは心臓だけでなく筋肉の伸縮(筋ポンプ作用)呼吸(呼吸ポンプ)の働きも必要となります。

身体を動かす習慣がない方は血流が滞りがち。血流が悪くなると、身体を構成する細胞の働きも悪くなり、結果として心身の調子が崩れたり、疲れやすくなってしまいます。

軽い運動で血流や呼吸を促すことをアクティブレスト(積極的休養)、身体を動かさずに休むことをネガティブレスト(非積極的休養)いい、アクティブレストの方が回復効果が高いことがわかっています。

共力整体は、マッサージのような受け身のボディケアではありません。お客様自身の力で身体を動かしていただきながら、その動きをトレーナーがサポートする『共力運動』で身体の動きを改善していきます。

共力運動が必要な方

  • 歩行時、膝や足首、股関節に痛みがある方
  • 肩コリ、腰痛等でお悩みの方
  • 腕が上がらなくなってしまった方
  • 指が痛くて蓋を開けられない方
  • 受診しても痛みや不調が改善しない方
  • 慢性的に疲れを感じている方

レッスン内容

まず軽い運動で身体を深部から温めていきます。自分の体重を使い、リラックスしながら全身の筋肉を伸縮させて血流酸素供給を促します。その後、ストレッチなどを加えながら全身を伸ばして柔らかくしていきます。痛みがある方麻痺がある方などは、寝たままできる運動を行ないますのでご安心ください。

お客様の動きをトレーナーが補助することで、少しづつ動かせる範囲を広げていきます。身体を動かしながら筋肉の伸縮を妨げているコリを見つけてほぐすため、「身体の動きが軽くなった!」と皆様に喜んでいただいております。疲労感が強く「今日は運動したくない」という日は、リラクゼーションを目的としたボディケアを行います。

手技の紹介

PNF(固有受容体神経筋促通法)

PNFとは、Proprioceptive(固有受容性感覚器)Neuromuscular(神経筋)Facilitation(促通)の略語。

元々の身体の仕組みを用いて「神経・筋・関節」の機能を引き出し、柔軟性・関節の可動域・身体の動かしやすさを向上させる手法です。麻痺や拘縮などのリハビリで用いられてきましたが、その効果から、近年ではアスリート・武道家・舞踊家などの身体パフォーマンスの向上にも使われています。


タイ古式療法

タイに古くから伝わる伝統療法は、2500年前ブッダの主治医として活躍したシヴァカ師によって生み出されたとされ、仏教と共に僧侶から僧侶へと受け継がれながら進化を遂げ、より効果的で実践的なスタイルに磨き上げられてきました。

タイ古式療法は、全身の血流を促すことで各細胞に酸素や栄養を供給し、自然治癒力を増進させることで、心身の健康を取り戻すことを目的としています。足から始め、心臓に向かってゆっくり循環を促していきます。即効性を求めないため、一般的なマッサージのような部分的なコリほぐしは行いません。

タイ古式療法のストレッチ(全身の筋肉を伸ばす手技)の豊富さは唯一であり、「二人で行うヨガ」とも呼ばれています。相手の身体の状態を感じながら、瞑想に近い状態でゆったりと相手と一体となったストレッチを行います。

「セン」と呼ばれる経絡に似たエネルギーラインに刺激を与えながら施術を行うなど、一連の流れが効率よく体系化されており、その効果から近年ではスポーツ業界にも取り入れられ、予防医学の観点からも研究されています。


アロマオイルトリートメント

アロマオイルトリートメントは、芳香分子を持つ植物から抽出した精油や植物油を用いることで、自然治癒力を手助けする療法です。精油や植物油は植物の命の雫であり、心と身体の不調に力強く働きかけます。

植物から抽出したオイルを使い、手の温もりを伝えながら筋肉の緊張をほぐし、血流やリンパの流れを促していきます。それに加え、精油の成分が直接皮膚から吸収されたり、嗅覚から香りとして脳に伝えられることで、心身ともに緊張が解れていきます。当店では、品質管理が厳格なPRANAROM社の精油を使用しています。


手当て(直傳靈氣)

直傳靈氣は、大正11年に臼井甕男師によって生みだされた日本発祥のヒーリング法。痛い部位に無意識に手を当てる行動を治療レベルまで高めた手法で、近年では世界中に広まり、代替医療として病院などで研究されています。

靈氣は誰のカラダからも無意識に出ており、手を当てることで生物が持つ治癒力を高めるとされています。自分の気を貯めて送る気功とは違い、靈氣は自然界のエネルギーを自分というパイプを通して送ります。

力を抜いて優しく手を当てるほどパイプの流れはよくなりますが、ストレスの多い現代社会では心身の力を抜きづらく、力まないことは高度な身体操作でもあるが故に手当ては難しくもあります。そのため、常日頃からカラダの力みを意識して抜き、心の安定を養うことが大切です。

患者と目を合わさず、話を聞かず、身体にも触れず、一方的に考えを押し付けるような診察をする医師。機械を身体に貼り付けて電気を流した後、少しだけマッサージするだけの整骨院なども存在しますが、医療も代替医療も民間療法も、基本は手当てから始まります。手当ての質の高さは、お客様の『満足度』の高さと言っても過言ではありません。