trainer

トレーナーの紹介

カラダ塾ZIRIKI 

代表 田島 雄一 Yuichi Tajima

経歴・資格

経 歴

元海上自衛隊 救難部隊 救助員。
ヘリコプターに搭乗し、救助活動や離島からの救急患者搬送業務に従事。
3.11 東日本大震災において、生存者の捜索や救助、物品搬送などに携わる。

救助員の養成教官・潜水作業・隊員の健康管理・格闘・射撃・山地機動など多岐にわたる訓練や任務を経験。訓練や任務に耐えられるカラダをつくるため、あらゆるトレーニングを受ける。
自衛隊退職後、看護師として病院勤務。寝たきりの方々の看護に携わる。
病院退職後、高齢者施設で勤務。高齢者の方々の看護に携わる。
カラダ塾ZIRIKを開設。

保有資格

◯准看護師
◯日本救急医学会ICLSプロバイダー
◯NSCA(国際ストレングス&コンディショニング協会)認定パーソナルトレーナー
◯日本トラディショナルタイマッサージ協会A級セラピスト
◯日本PNFテクニック協会認定トレーナー
◯NARD JAPAN アロマアドバイザー

その他、占星学(アストロリレーション)や直傳靈氣などを修得。
人の内面の力についても研究。

ZIRIKIとは

自衛隊勤務時、任務や訓練でカラダを酷使することが多く、カラダの痛みや抜けない疲労のために病院を受診し、鍼灸・整体・マッサージ・カイロプラティックなど、様々なボディケアを試しました。

西洋医学では解決できず、唯一鍼灸のおかげで回復できたことからボディケアについて興味を持ちます。
そして、一番効果的なケアは「日頃から・継続的に・自分でケアすること」であることがわかりました。

自衛隊退職後、整体やスポーツトレーナーの学校に通いながら病院で勤務。配属された病棟で寝たきりの方々の現状を知りました。

「ただ命が尽きるのを何年も待つような生き方を強いる医療ってなんだ」
「延命させた結果、苦しい期間を長引かせ、より苦しんで亡くなる人を増やすのが医療なのか」
「生きるって何だ」

気づけば「どうすれば寝たきりにならないか」「どうすればこのような方が減るのか」をずっと考えるようになりました。
そしてたどり着いた答えが「歩き続ける」ということでした。

歩くという行動は、人も含めた全動物が、生きるために行う行動です。
自然界で歩けなくなることは、死を意味するほど重要な行動の1つ。それが人にも該当すると考えました。

自衛隊勤務時、重い装備品を身につけさらに人を担いで歩いた経験から気づいた本当の歩き方、自力でできるカラダのケア方法、様々なトレーニングを受けてわかったカラダの使い方、自衛隊勤務時から退職後まで、人一倍生死に触れたことで学んだ死生観。これらが1つに集約され、自分のやるべきこと(人生の役割)が見つかりました。

そして、寝たきりになってしまう方を1人でも減らすため、自力で最後まで生きる力を養う方法の開発を始めます。

病院退職後、高齢者施設で勤務した際、安全を理由に自由に歩かせてもらえず、ほぼ軟禁状態の高齢者の方々の現状を知りました。
「自分の人生なんだから医師や家族の考えに左右されず、やりたいように生きて欲しい」という思いが強く芽生えます。

「食べたいものを食べ、住みたい場所に住み、行きたい場所に行き、やりたいことを続ける」という、生きる上で大切なことを最後まで続けられるカラダづくりを目的としたクラブ ZIRIKI(自力)をつくりました。

その後、子供の低体力化、若い女性が妊娠しにくいカラダになっていること、社会人や更年期世代の方々が様々な体調不良に悩んでいること、ただ歩くことに痛みなどのストレスを抱えている方が多いことなどがわかりました。

一見無関係のようですが、上記の方々には共通点があることを見つけます。
それは、カラダを使えていない(機能していない)ことです。
例えば、動くはずの関節が動かない、思い通りに筋肉を動かせない、カラダを動かすイメージが曖昧、足趾が機能していないことなどです。

カラダを使えるようにするには継続が大切。
しかし、継続には根気も時間も予算も必要。
だったら自分でできるようにすればいい。

そう考え、カラダのことを学んでいただくための塾「カラダ塾ZIRIKI」を、多くの方の支援を得てつくりました。

1人1人がカラダの力を使えば、環境問題や動物の福祉の問題、高齢化社会の問題まで解決できることはたくさんあります。
自分・家族・社会・地球環境を守るため、カラダ塾の活動に参加していただける方が増えることを期待しております。