Oregano

オレガノ

オレガノ(Oregano)シソ科

抽出方法
全草を水蒸気蒸留法

香 り
甘く爽やかさもあるハーブ調の香り。

主作用
鎮痛 鎮痙 抗炎症 鎮静 去痰 利尿 消化促進 神経強壮
駆風 通経 抗菌 抗真菌 抗ウィルス

成 分
フェノール類
・カルバクロール:〜60%

 
モノテルペンアルコール類
・リナロール:〜2%

 
モノテルペン炭化水素類
・γテルピネン:〜5%
・pサイメン:〜10%
・αピネン:微量

特 徴
古くから儀式、薬、料理、防腐剤と様々なことに用いられ、ミイラ作成にも使用されていた。
語源は、ギリシャ語で「山の喜び」を意味する「origanum」が由来とされる。


古くから興奮剤、神経強壮剤としてしようされ、弱った心を活性化する働きがあるとされる。


抗菌、抗真菌、抗ウイルス作用に特に優れており、インフルエンザなどの感染症、気管支炎、喘息など呼吸器疾患に効果的とされる。
また、消化器系の不調にもいいとさされ、胃の不調や消化不良などの治療薬として用いられていた。
皮膚には、ニキビ、疥癬、水虫に薄めて使用。

注意点
皮膚刺激が強く肝毒性があるため、使用濃度に十分注意する。高濃度、長期間の使用は皮膚を荒らす。妊娠中の使用はさける。