ランニングレッスン

歩くから「走る」へ

ランニングはウォーキングの延長。
ウォーキングレッスンで学び終えたら、今度はランニングに挑戦してみましょう!

動物として裸足で生きていれば、靴ではなく足で衝撃を吸収するため、自然と足は鍛えられていきます。しかし、利便性の発達でほとんどの方が靴で衝撃を吸収するカラダの使い方になってしまい、鍛えられるはずの筋肉が鍛えられず、骨を使って走れなくなってしまいました。

走り始めは鍛えられていない脹脛が痛く(筋肉痛)なりますが、足で衝撃を吸収する方法や骨盤の回旋と骨でカラダを押し出し、重力を味方にする走り方を学べば、きっと走る気持ちよさを体感していただけると思います。

体軸を傾けて重心バランス少し移動させ、足裏の接地方法を変えるだけで歩くが走るに変わるから、頑張って走るのではなく自然と前に進みます。

足裏で感じる地面、骨にかかる荷重、身体の中心から末梢へ伝わっていく力の流れ、弾む呼吸、発汗することで心地よく感じる風。歩くでは得ることができない爽快感を体感してください。

予約する

こんな方におすすめ

  • ランニングに挑戦してみたい方
  • 気持ちよく走れない方
  • 走ると息苦しくなる方
  • 走ると足が重くなる方
  • 足首や膝などが痛くなる方
  • 頑張れば速く走れると思っている方

正しい歩き方

  1. ウォーキングレッスン

    動物にとって「歩く・走る」といった行動は、食べ物や水を探…

  2. ランニングレッスン

    ランニングはウォーキングの延長。 ウォーキングレッスン…

  3. 階段・坂道レッスン

    階段や坂道の上り下りが辛くなると、行きたい気持ちはあるのに行ける場所がどんどん少なくなっていきます。逆に、階段や坂道が楽に上り下り…