Corporation

会社を支える
大切な社員のために

毎日を変えるウォーキング法・機能美を追求するトレーニング・疲れが溜まった時のメンテナンス。
3つのコンセプトで健康なカラダづくりをサポートするZIRIKI。専用施設・トレーニング機器などを用意する必要はありません。
毎日繰り返すカラダの使い方を見直すだけだから、忙しい現代人でも十分継続して実施することが可能です。

社員の健康増進をお考えの経営者様

社員の健康を促進します

会社にとって、支えてくれる社員の健康を維持することは重要な課題の1つ。しかし、様々な健康産業が溢れる昨今において、何を取り入れたら良いかお悩みではありませんか?
健康を維持するための大切キーワードは「継続とカラダを動かす」です。健康セミナーを座って受けさせたり、通うかわからないスポーツクラブと割引提携を結んでも根本的な解決になりません。

ZIRIKIが提供するのは、毎日繰り返す歩き方を見直すサービス。通勤や営業など仕事中でも行う歩行。毎日の1歩1歩を変える力を体感してください!

社員は健康、取引先には好印象

歩行は1日に何千回と繰り返し毎日行います。繰り返すということは、歩き方が悪ければカラダは壊れ、良ければカラダにとって良い働きが期待できるということ。

ZIRIKIが提供する「ZIRIKIウォーク」は、歩き方を変えるだけで歩幅が広がり背中がまっすぐ伸びた姿勢に変わります。第一印象はその人のイメージを決めるもの。姿勢良く、大きな歩幅でゆとりを持って歩く方と猫背でトボトボと歩く方。初めてお会いするとしたら、どちらに仕事を任せたいと思いますか?

社員の健康増進はもちろん、歩き方を変えるだけで売り上げや成約率が上がるかもしれません。

ウォーキングレッスン

プライベートでも仕事中でも、いつでもどこでも繰り返し行う歩行。毎日の1歩1歩を見直すことから健康なカラダに変えていきます。美姿勢は魅力を高める重要なツールです。

カラダのメンテナンス

デスクワークなどで固くなりがちなカラダを、机に座りながらほぐすストレッチを教えます。時間を決めて定期的に行うことで、こり固まって慢性化するのを予防します。

トレーニング

かかる時間はわずか5分。時間をかけず、短時間でスッキリする体操を教えます。筋肉が多く集まる部位を集中して動かすため、身体中が温まります。

高齢者の自立支援を行う施設運営者様

自立した生活を続けるために

優秀なスタッフが揃った病院やリハビリ施設に入院中の高齢者が、日常生活に戻れたとしてもわずか数年で再入院してしまう。この原因の1つとして考えられるのは、退院後に著しく運動量が減るからではないでしょうか?一方的に指示して動いてもらうような他力的な運動療法では継続性が生まれません。
自立した生活を続けている方々は、共通して自主的かつ継続的にカラダを動かしています。歩行に支障をきたしている方から、「カラダを動かしたくてもやり方がわからない」という意見をよく耳にすることから、入院期間中に自主的に考えて運動できるまで、教育してあげなければならないと考え、その方法を提供しております。

自主性と継続性を重視

自立した生活を続けるためには、しっかり動けることが重要。しっかり動き続けるためには、自主的かつ継続的にカラダを動かす必要があり、カラダについて知っていただくことが大切です。トレーニングやストレッチを行うにも、カラダをイメージできなければ効果的に行えません。頑張るほど怪我をしてしまう可能性もあります。
ZIRIKIでは、まず自分のカラダについて理解していただくことから始めます。末梢の指まで含めた全身運動を行い、筋力・関節の可動域・動かしやすさなどに左右差があるか確認していただきます。次にカラダのバランスを崩す原因を改善する方法を考えていただき、やり方を教えます。これを何回も行うことで知識の定着を目指します。
自主性は、その行動に対し快楽を感じなければ生まれません。トレーニングリズムが定着するまで数ヶ月単位で計画し、楽しいと思っていただくことを重視しています。

ウォーキングレッスン

高齢者に限らず運動を続けられない方が多く、継続性が大きな課題となっています。ZIRIKIウォークは歩き方を変えるだけだから、いつでもどこでもカラダを動かすトレーニングができ、日常生活の中で継続して実施することができます。

トレーニング

筋力強化と柔らかいカラダづくり。既存の方法ではトレーニングとストレッチを分けて実施していますが、たくさんの種類は覚えられません。だから強化と回復を同時にできる体操を開発しました。

知識の提供

自主的に運動するには知識が必要です。頑張った分だけカラダを壊しては意味がありません。覚えやすいよう映像と自分のカラダを照らし合わせながら、カラダの動かし方を学んでいただきます。